障害者雇用

Trainee

障害者を積極的に雇用する企業は増えてくる

日本でも多くの体の不自由な人が存在します。そういう人たちの仕事場をきちんと作るという事が大事になってきます。最近では、以前よりも障害者雇用が活性化されてきています。 ですので、障害者雇用に力を入れている企業も多くなっています。今後、さらにこの動きが強くなっていく可能性があります。障害者雇用に力を入れることによって、企業のイメージアップにつながります。 さらに、体に不自由な人がきちんと仕事場があると言うことの重大さに気付き力を入れることによって、体の不自由な人を助けられることになりますので、企業としても他人の力になれるということになります。 このように、障害者雇用に力を入れていく事によって、メリットがあり、今後増えていく可能性が高いです。

障害者雇用の受け入れ体制をきちんと整える

障害者雇用をしていくというのは、企業にとっても大切になってきます。しかし、障害者を雇用する時には、注意しなければいけない事があります。 それが、きちんと受け入れ体制を整えるという事です。体の不自由な方でも問題なく仕事ができるように、働きやすい職場にする事が大切になってきます。 車いすで生活している人を受け入れる時には、オフィス内のスペースであったり、段差というのがポイントになってきます。 オフィス内を車いすで快適に移動できるように工夫したり、段差などをなくすなどの工夫が大事です。 このように、障害者を雇用する時には、出来る限り働きやすいようにして上げます。そうする事で、働く人もスムーズに仕事ができるようになります。