障害者雇用

Trainee

障害者雇用は以前よりも活性化されています。近年は障害者雇用に力を入れている企業も多く、今後もさらに需要が拡大するものと言われています。企業はきちんと受け入れ体制を整えることが大切です。

Read More

転職をする際

Employer

様々な工夫をすることで、転職をする際に様々なメリットがあります。現在インターネットの普及により参考になる情報やサイトを簡単に入手しやすい状況にあります。転職求人サイトの利用や登録は無料なので上手く使うことが大切です。

Read More

重大な決断

Co-worker

転職を行なう際、今の会社をやめなくてはなりません。しかし、会社を辞めるにも苦労して入った会社だと辞める際にも躊躇してしまうものです。ですが、やるきの定価を放置するよりも転職の道を選ぶことも重要です

Read More

様々な転職の理由

Team work

転職をするのは大きく分けて、職場に不満がるまたは家庭の事情でということが多いです。せっかく入った会社を止めて新しい職場で一から人間関係を作るのは非常に大変ですが思い切って行動をすることで新しい道がひらけます。

Read More

声のお仕事

Trainer

コールセンターで働くための求人【キャスティングロード】

最近の業務の傾向と今後予想されること

コールセンターは企業への顧客の問い合わせや営業を電話で専門に行う事業所として業務をしている場所です。以前は企業が独自に顧客からの問い合わせを受けて対応していましたが、対応することによって本業に影響がでることもあり、現在はコールセンターを運営している業者へのアウトソーシングをする企業が多くなりました。特に知識がなくても、研修とマニュアルが充実しているところが多いです。職場としては主にパソコン機器や、ソフト、また食品会社など様々です。その他には保険会社やインターネットのプロバイダー等に関するセンターもあります。派遣会社の派遣先の仕事と求人情報に掲載されることが多いです。求人情報を見ると勤務時間は朝から夕方まで、昼から夜までというシフト制をとる職場もあります。以前は女性が多いと言われていますが、男性で働く人も多くなりました。

コールセンターは声を使って行う仕事なので、オペレーターの声が顧客に対して重要となります。最近では勤務前の時間に発声練習や、滑舌を鍛えるための文を読ませるなどのトレーニングをしている企業も出てきました。派遣の仕事であったりアルバイトの求人をしてところが多いですが、最近では正社員として採用すると求人情報を出している企業も多くなりました。アポイントを取りノルマを達成することで給料を上げることもできる所もあります。今後コールセンターで働く人にはその業者が扱っている商品に関して、マニュアル以上に応対できるように知識を身に着けて、問い合わせや営業だけでなく、クレームにも対応できる柔軟性が要求される仕事とも言えます。